VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でVIPPERをまとめたサイトになります。

    カテゴリ: 事件

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [EU] 2018/12/08(土) 14:25:56.34 ID:OZD95av/0 BE:226456927-PLT(12522)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
    フランスで暴徒化するデモ隊の姿は「情報戦争での敗北」だとの指摘

    フランスで燃料税の引き上げに抗議するデモ隊が暴徒化して警官と衝突し、
    パリ中心部が一時、危険な状態に陥りました。燃料税引き上げがひとまず延期されたことで
    鎮静化に向かうとみられるデモ活動ですが、デモ隊による過激な行動はSNSを駆使した
    「情報戦争」によって引き起こされたものだとの指摘があります。

    燃料税引き上げをめぐるフランスのデモ活動は「Gilets Jaunes」という黄色のジャケットを着て
    政策への反対の意思を示すという平穏な活動として発生しました。しかし、平和的なデモは、
    次第に過激化していき、ついには暴力を伴う危険なものへと変化しました。
    この変化を引き起こした要因として、SNSを中心にデモ活動をより過激なものへと扇動する
    「情報戦争」があったとセキュリティ研究者のx0rz氏は考えています。

    このような過激な行動を助長するようなSNSアカウントは数多く存在するとのこと。その中には、
    偽のメディアを装うものもあります。

    例えば「@1Happeningnow」というTwitterアカウント。一見、ニュースメディアにも見えますが、
    持ち主は匿名。これも1カ月前にできたばかりの新しいアカウントで、「#Paris」「#Russia」「#YellowVests」
    「#Ukraine」「#Macron」のハッシュタグを好んで使います。

    これら2つのTwitterアカウントのアクティビティをチェックすると、早朝と夜にツイートが行われる
    傾向がうかがえます。

    x0rz氏は、意図的にフェイクニュースを拡散する活動にのせられてしまう人が多い状況に対して、
    「自分自身の意見を持ったうえで、インターネットで目にするすべてのものに対してファクトチェックを
    する姿勢を持つべき」と述べています。x0rz氏は「クリック数が真実よりも貴重な世界では、
    フランスのメディアの中でさえ奇妙なストーリーが現れてしまうことがある」とも述べ現状を嘆きつつ、
    「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」という孫子の兵法を説いています。

    https://gigazine.net/news/20181207-france-lost-information-war/

    【フランスのデモが再度証明したが、世の中を変えるのは血と暴力だ!玉なし野郎は自殺してろや 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [AE] 2018/12/09(日) 16:28:49.95 ID:0ClLG6jD0● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00006124-tokaiv-soci


    岐阜県下呂市のホテルで11月、大浴場の女湯に立ち入り入浴中の女性にわいせつな行為をしたとして22歳の会社員の男が逮捕されました。

     逮捕されたのは、愛知県内のホテルに勤務する名古屋市昭和区の22歳の男です。

     男は11月15日午前1時40分ごろ、宿泊していた下呂市内のホテルで大浴場の女湯に侵入し、宿泊客の女性(44)の胸を背後から触った強制わいせつなどの疑いがもたれています。

     女性は髪を洗っていた際に、男に襲われたということです。

     ホテルから通報を受けた警察が、防犯カメラの映像などから男を特定しました。調べに対し男は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

    【ホテルの女湯に侵入し両手のふさがった洗髪中の無防備な女性の胸を後ろから揉みしだいた男逮捕。 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [EU] 2018/12/08(土) 12:42:25.37 ID:OZD95av/0 BE:226456927-PLT(12522)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
    建設現場に派遣の中国人 46人が行方不明 北海道
    2018年12月3日 12時29分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10011732591000.html

    先月、津軽海峡に面した北海道木古内町で、短期滞在ビザなどで入国した中国人11人が不法残留などの疑いで逮捕されました。
    関係者によりますと11人は建設現場に派遣され
    、ほかにも46人の行方が分からなくなっていて、警察は、違法な就労が組織的に行われていた疑いもあるとみて捜査しています。
    先月26日、北海道木古内町で、中国人の男女11人が不法残留などの疑いで逮捕されました。

    関係者によりますと、11人はことし6月以降、短期滞在ビザなどで成田空港や長崎港などから入国し、
    千葉県内の会社から隣りの知内町にある太陽光発電の建設現場に派遣されていたということです。

    さらに、ほかにも同じ現場に派遣されていた中国人46人が行方不明になっていることが分かったということです。

    工事の元請会社の担当者は取材に対し、「中国人は全員、宿舎からいなくなり、
    行方が分からない。太陽光パネルや土台の工事を請け負う会社に雇われ、知内町の現場に派遣されていた。
    在留資格などの書類のコピーを千葉県内の会社から受け取り、チェックしていた」と話しています。

    警察は、違法な就労が組織的に行われていた疑いもあるとみて捜査しています。

    【中国人実習生「よろしく!」→数時間後46人行方不明。お前たちは自由だ!好きに殺ってこい! 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/20(水) 14:03:12.74 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000012-tospoweb-ent

    サッカーW杯ロシア大会で日本がコロンビアを2―1で破る奇跡の勝利を挙げた日本時間19日深夜、
    東京・渋谷は歓喜のあまりサポーターたちが大暴れ。痴漢が出現し、女性が襲われるなど、収拾がつかない異常事態となった。
    混乱状態に陥った夜の渋谷を本紙が徹底取材した。

    渋谷のスポーツバーは予想外の勝利に盛り上がった。前半3分にコロンビアのサンチェスがハンドで退場になると、
    「あいつ、帰国したら射殺されるぞ」と優勝候補ながら1次リーグで敗退した1994年米国大会後、オウンゴールを理由に射殺された
    DFアンドレス・エスコバルの悲劇を思い出したのか、心配するサポーターも。

    あるクラブでは約400人がテレビ観戦。店の責任者によれば、今回の入場者数は4年前のブラジル大会より大幅に減少したという。
    同責任者は「前回のW杯は1000人くらい入ってウハウハでした」。それほどまでに期待されていなかった中での勝利に、店内は喜びと熱気に包まれた。

    サポーターたちがそれぞれの店を飛び出して向かった先は渋谷の象徴・スクランブル交差点。W杯ではすでに恒例になった交差点のバカ騒ぎは今回も同様だった。
    センター街側の騒ぎぶりは、遠目から見ると大量のゾンビの群れのような迫力がある。近づくと、「パリン!」「パリン!」とアルコールの瓶が道路に叩きつけられて
    割れる音が響き、渋谷はサポーター暴徒化の様相を呈した。

    横断歩道では信号が青になるたびに、ユニホームを着たサポーターらがハイタッチを開始。それに紛れて悪質な痴漢行為も多発。
    女性に群がるゾンビ化した男たちも現れた。

    彼氏と渋谷の店へテレビ観戦に来た大学2年の女性は、駅へ向かうために横断歩道を渡った時、将棋倒しに巻き込まれ、下敷きになった。

    この女子大生は「かなり押されて人が乗ってきて踏まれたので、靴が脱げた。ズボンの中に指を入れられた」と半泣きで彼氏に訴えた。
    それを聞いた彼氏はダッシュで靴を捜しに行き、靴は見つかった。

    前回大会で横行した女性の胸を触る“パイタッチ”も確認された。ジャンプしながら「ニッポン! ニッポン!」と叫ぶ円陣の中にいる女性の胸を、
    おもむろに近づきわしづかみにする痴漢も現れた。片方の腕で胸を守り、もう片方の腕でハイタッチしていた女性もいる。

    過激化した一部の男性サポーターは、交差点近くの地下道入り口によじ登り、赤い発炎筒をたいて喜びを表現した。

    負けたとはいえ、コロンビアサポーターもバカ騒ぎでは一歩も譲らない。宇田川交番周辺では、黄色のユニホームを着た30人余りがサルサの音楽を鳴らして
    酒盛りに興じていた。体形が“ボンキュッボン”の美女同士が抱き合って熱いベロチュ~を路上で披露するなど、負けてもラテンのノリを見せつけた。

    しかし、目つきの据わりだしたマッチョな南米男性らは両手を広げて、通りすがりの自動車を無理やり止めると、持っていたアルコールを後部座席の男性に
    強制的に飲ませた。続いて今度はなんとハンドルを握るドライバーにまで酒を飲ませようとする暴挙に。目と鼻の先に交番があるため、
    ドライバーも交番を指さして「交番! 交番! 飲めない!」と必死に攻撃を振り切った。

    ただし、過去の大会時に比べると盛り上がりのボルテージは低めだったという。以前は騒ぎのピークが3時間以上も続いたが、この日は1時間もすると
    人の数は減っていった。スクランブルの斜め横断を禁止してシステマチックな交通整理で対応した警察も、早期に斜め横断の規制を解除するなど
    安定モードの“試合運び”だ。

    センター街の衣料品店では、閉店時間を延長して日本代表ユニホームを販売したが、アテが外れた。「勝ったから売れると思ったけど、5着も売れなかった。
    1か月前から販売しているけど、全然売れてない。在庫がさばけるくらいには売れてほしいが…」とこぼしてシャッターを閉めた。

    列島が真に「熱狂」するのか否かは、日本時間25日午前0時のセネガル戦の結果次第だ。

    【【W杯】渋谷狂乱の夜!女性に群がる「痴漢ゾンビ」出現】の続きを読む

    このページのトップヘ