VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でまとめたサイトになります。

    1: 2016/09/06(火) 09:17:53.34 ID:CAP_USER9
    奈良県生駒市立大瀬中学校の生徒が部活動中に倒れ、熱中症が原因で亡くなった事故について、市教委は5日、「不適切な指導があった」と発表した。第三者による調査委員会で改めて事故の原因を調べ、再発防止策を検討する方針だ。 

    ca7ec5e6


    大瀬中で8月16日朝、ハンドボール部の1年の男子生徒(12)が35分のランニング後に倒れ、病院で翌日、熱中症による腎不全で亡くなった。

    30e72b01



    市教委は、大瀬中が26日に出した調査報告書で「ランニング中に水分をとらせなかった」「通常は30分間なのに、5分長く走らせた」指導について不適切と判断したという。 

    顧問は3人で、中心になって指導してきた教師が練習試合に同行したため、別の教師と交代。その際、30分走る時は15分で給水という指導方法が引き継がれなかった。また、スタートが通常より5分遅く、生徒らが25分で走るのをやめたのを教師が「ごまかした」と判断。30分走った後、さらに5分走らせたという。 

    市教委も不適切と認め、今月初めに遺族に謝罪したという。(筒井次郎) 

    5090f09c-s


    朝日新聞:http://www.asahi.com/articles/ASJ955KL7J95POMB00T.html
    【奈良県生駒市立大瀬中学校の生徒が熱中症が原因で亡くなった。「通常は30分間なのに、5分長く走らせた」】の続きを読む

    1: 2016/09/06(火) 22:29:53.90 ID:Hu7gw5Vl0● BE:565421181-2BP(3000)
    奈良のリサイクル会社の破砕機から遺体の一部発見 8月に2件の死亡事故、さらに5年前にも… 

    5日午後5時5分ごろ、奈良市南庄町のリサイクル会社「I・T・O」の工場から「作業員が破砕機に巻き込まれたかもしれない」と110番があった。

    36221235-s


    b4514b6d-s


    粉砕された廃材の中から遺体の一部が見つかり、奈良署は同市の男性作業員(45)が誤って巻き込まれたとみて、身元確認を急いでいる。 


    同社では8月にも2件の死亡事故が起きており、奈良署は会社の安全管理に問題がなかったかどうか調べている。 

    同社では、8月2日に奈良県大淀町にある別の工場で派遣社員の男性(67)がベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡。同20日には今回の工場で、男性作業員(56)が後退してきたショベルカーと駐車中のトラックの間に挟まれて死亡した。 

    d7cef8e6-s


    fb2031df
    1f6bd5ec-s


    平成23年4月には男性従業員がベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡し、奈良労働基準監督署が同年7月に労働安全衛生法違反の疑いで同社を書類送検した。 

    http://www.sankei.com/west/news/160906/wst1609060071-n1.html
    【また新たに死体製造の過去が判明ww 1ヶ月で3人死亡の奈良の工場でwww】の続きを読む

    【芸能】“お父さん!”… 坂口杏里のビデオ出演発覚を継父・尾崎健夫に直撃 「お父さまといわれても……」
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1473084939/
    1: 2016/09/05(月) 23:15:39.37 ID:CAP_USER9
    10月1日に発売予定の大人のビデオに出演することが発覚した坂口杏里。すでにこの8月に撮影を終え、9月中旬には写真週刊誌でハダカが披露されるという。 

    母で女優の坂口良子さんがプロゴルファーの尾崎健夫との婚約を発表した'11年8月から約5年の歳月が経っていた。この婚約から約1年後の'12年8月に、ふたりは入籍。尾崎の故郷・徳島県で行われた披露宴の模様は、『ぴったんこカン・カン』(TBS系)でも放送された。 

    「披露宴で杏里は尾崎のことを涙ながら初めて“お父さん!”と呼び、良子さんと尾崎は号泣していました。彼は運動会や授業参観にも参加し、父親のようなことをずっとしてきていた。それだけに、胸に来るものがあったのでしょうね」(芸能レポーター) 

    だが、幸せは長く続かなかった。この結婚から7か月後の'13年3月27日、良子さんは帰らぬ人となってしまった。坂口さんが死の間際まで心配したのが、自分に憧れて同じ芸能界に入った杏里のこと。その思いは、尾崎も痛いほどわかっていたはずだ。 

    良子さんは亡くなる5日前に尾崎さんと2人で都内のホテルに行ったのです。それは母娘で出演していた化粧品会社の広告の契約更新のためでした。 

    週刊女性2016年9月20日号 2016/9/5 
    http://www.jprime.jp/articles/-/8058  【 坂口杏里のビデオ出演発覚を継父・尾崎健夫に直撃 「お父さまといわれても……」】の続きを読む

    【気象庁】台風13号が発生 勢力強めながら東進
    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1473127022/
    1: 2016/09/06(火) 10:57:02.83 ID:CAP_USER9
    台風13号が6日午前、沖縄・宮古島の北海上で発生した。東寄りに進んでおり、勢力を強めながら7日夕ごろにも沖縄本島に接近する恐れがある。 

    気象庁によると、台風13号は6日午前9時現在、宮古島の北北西約90キロをゆっくり北東へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から東側170キロ以内と西側130キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。

    7日にも西日本の南海上に達し、あす8日の日中には関東付近に進む見通。ここしばらく台風の接近・上陸が続いていますが、これまでの夏台風とは違う動きを見せそうだ。

    気象庁

    http://www.jma.go.jp/jp/typh/1613.html

    44b01ef8-s


    米軍はまだ未発表
    https://metoc.ndbc.noaa.gov/JTWC/
    f1d7c4a4-s


    ソース
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/masudamasaaki/20160907-00061925/
    http://this.kiji.is/145707611319779331?c=39546741839462401  【台風13号が発生 勢力強めながら東進】の続きを読む

    【社会】“名古屋アベック殺人事件”主犯格の元少年「社会復帰という目標。必ず出られる日が…」 戦後の犯罪史に刻まれる残虐事件
    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1473082048/ http://hello.2ch.net/test/read.cgi/archives/1394354425/

    1: 2016/09/05(月) 22:27:28.95 ID:CAP_USER9
    1988年に起きた「名古屋アベック殺人事件」は、戦後の犯罪史に刻まれる残虐事件のひとつである。 

    愛知県名古屋市緑区の大高緑地公園の駐車場で、デート中だった男性(当時19)と女性(同20)を暴行し、現金2万円を奪った上、女性をゴウカン。その後、ロープで数十分かけて2人を絞殺し、三重県内の山林に死体を遺棄――加害者は20歳から17歳までの6人の男女だった。 とび職A(当時19歳)、唯一の成人B(当時20歳)、とび職C(当時17歳)、無職D(当時18歳)、無職E子(当時17歳)、無職F子(当時17歳)の6人。

    「新潮45」9月号に掲載の『「名古屋アベック殺人事件」無期懲役少年のいま』では、共同通信記者の佐藤大介氏が岡山刑務所を訪れ、主犯格の男に接触、その現状を取材している。 
    667a9a6b
    34118b0c


    ■社会復帰という目標 
    裁判では、犯行に及んだ加害者に無期懲役や懲役13年、5年以上10年以下の不定期刑が下された。今回、佐藤氏の面会に応じた中川政和(仮名)は、一審で死刑判決が言い渡されるも、控訴審で無期懲役となっている。佐藤氏と中川とは、約3年ぶりの対面となる。その姿について〈今夏48となるが、五分刈りで痩せた中川の姿はこの10年でほとんど変化がない〉と佐藤氏は綴る。 

    ※〈〉は本文より引用、以下同 
    〈噛みしめるように話す中川の姿を見ると、多くの人には純朴な人物として映るだろう。服役生活は、拘置所での収容期間を合わせると28年ほどになる。それらの日々が、中川に変化をもたらしたのだろうか〉 

    中川は“模範囚”として刑務所生活を送るというが、なぜ、絶望することなく日々を生きることができるのか。佐藤氏の問いに中川は、〈「社会復帰という目標があるからです」と、はっきりとした口調で答えた〉。そして昨年8月にくも膜下出血で入院していた、と明かす。 

    佐藤大介氏が主犯格の男に接触、その現状を取材。本誌ではさらに詳しく…「新潮45」2016年9月号〈「それでも生きることができたのは、私にはまだやるべき使命が残されているからだと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。命の重みを感じ、私が奪ってしまった命の重さや尊さをあらためて身をもって知りました」〉 

    ■「無期懲役」の現状 
    佐藤氏は、中川が口にした“社会復帰”の可能性についても触れる。無期懲役と聞けば、字面とは裏腹に10数年ほどで出所できるイメージがあり、実際、刑法上では10年を過ぎれば仮釈放の資格が与えられることになっている。

    しかし実際は、14年末現在で収容されている無期懲役囚1842人のうち、〈27人が40年から50年、12人は実に50年以上にわたって服役を続けている〉。05年から14年の間に54人が仮釈放されるも、〈平均収容期間は27年2カ月(05年)から31年4カ月(14年)と長期化〉、そして同期間の獄中死は154人に上る。 

    「新潮45」本誌ではさらに詳しく解説しているが、佐藤氏が取材した元刑務官は、無期懲役刑を〈「実質的に終身刑」〉と語っている。 

    ■「必ず出られる日が…」 
    こうした事情は、中川自身も理解している。 

    〈中川は、仮釈放を現実のものとして望みをつなげる、数少ない無期懲役囚なのだ。だが、その困難さを知らないわけではない。そのことを中川は、こう話した。
     
    「審査も厳しく、出るのは簡単じゃないと思います。状況は厳しいのですが、必ず出られる日が来ると信じて、毎日を頑張っていこうと思っています」〉 

    仮釈放が刑法で定められた権利でもある一方で、罪の重さ、被害者遺族の感情を鑑みれば、これを認めるべきではないとの意見もある。犯罪者の“贖罪”“更生”をいかに考えるべきか、佐藤氏の寄稿は問いかける。 

    http://news.livedoor.com/article/detail/11977079/  【戦後の犯罪史に刻まれる残虐事件 “名古屋アベック殺人事件”主犯格の元少年「社会復帰という目標。必ず出られる日が…」】の続きを読む

    このページのトップヘ