VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でまとめたサイトになります。

    カテゴリ: 生活

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/23(日) 16:55:19.82 ID:CAP_USER9
     乳がんで闘病中の小林麻央(34)が22日、ブログで入院したと報告した。

     「皆様ご心配をおかけし申し訳ありません。そして、優しい励まし、強い祈り、本当にありがとうございます。短期間入院をすることにしました。具合悪いほど家族と離れたくない気持ちが増して家で回復させたかったのですが、今は、自分の力では難しいので、医療の恩恵を受けて、元気になりたいと思います」(原文のまま)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-01811752-nksports-ent

    2017/04/22(土) 17:46:17.68
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492876435/

    【芸能】<海老蔵>入院した妻の小林麻央と電話!「さっき電話で話して思ったよりも元気そうでホッとしてます。ゆっくり眠れそうです」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492869655/

    【<闘病中の小林麻央>「元気になりたい」体調悪化で入院】の続きを読む

    1: キリストの復活は近い ★ 2017/04/20(木) 19:46:38.29 ID:CAP_USER9
    ソフトバンクによりますと、「ワイモバイル」のブランドで国内で唯一手がけてきたPHSの事業について、
    一般向けの新たな契約の受け付けを来年3月末に終了するということです。

    理由についてソフトバンクは、携帯電話で格安の料金プランを提供し割安感が無くなったことや、
    地下などにも携帯電話の通信エリアが拡大し通信インフラとしてのPHSの需要が少なくなったためとしています。

    PHSは端末や通信料が割安で、簡易型の携帯電話として平成7年にサービスを開始し、
    名前を省略した「ピッチ」という呼び名も生まれるなど若者を中心に人気を集めました。

    平成9年のピークには契約者が700万件を超えましたが、去年12月現在では業務用の通信機器も含めて355万9000件と半分に減っています。

    ソフトバンクは今の契約者へのサービスは継続するとしていますが、新規の契約の打ち切りによってPHSは90年代をピークに若者の人気を集めた歴史に幕を閉じることになります。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955701000.html

    【PHSの新規契約 来年3月末で終了 ピッチの歴史に幕…97年のピークには契約者は700万件】の続きを読む

    1: シャチ ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/18(火) 12:54:35.52 ID:CAP_USER9
    産経新聞 4/18(火) 12:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000517-san-soci
     男子中学生につきまとってみだらな言動をしたとして、群馬県警沼田署などは18日、県迷惑防止条例違反の疑いで、
    沼田市久屋原町のとび職、西本吉憲容疑者(37)を逮捕した。調べに対し容疑を一部否認し、「後をつけたことはありますが、よく覚えていません」などと供述している。

     逮捕容疑は、先月5日午後2時50分ごろ、同市内の書店で買い物をし、徒歩で帰宅途中だった当時中学3年の男子生徒(15)を約6分間、600メートルに渡ってつきまとい、「俺は、両方いけるんだよね。2、3千円でパンツ見せてくれる」などと、不安を覚えさせるようなみだらな言動をしたとしている。

     翌6日、男子生徒の通っていた中学校の教師から同署へ相談があり発覚した。
    同様の相談が数件寄せられており、同署などが余罪を調べている。

    【「パンツ見せて…」と男子中学生につきまとい 37歳とび男逮捕】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/18(火) 19:49:51.99 ID:CAP_USER9
    最近の調査の結果、アメリカで800人以上が精神混乱に悩まされていることが明らかになりました。

    フランスの新聞ル・モンドによりますと、精神科医のサービスに関する雑誌が17日月曜に発表した調査の結果、380万人以上のアメリカ人が精神障害に苦しんでいるということです。

    この調査の結果からはさらに、アメリカの総人口の3.4%が医学的なケアを必要とするうつ病やストレスを抱えていることが分かっています。

    この報告によりますと、アメリカ人の間での経済的な問題の増加が、彼らの生活や行動に悪影響を及ぼしているということです。

    この調査は、およそ20万人のアメリカ人を対象として行われたものです。

    http://parstoday.com/ja/news/world-i29122

    【【国際】アメリカで精神障害が増加】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/04/18(火) 00:48:50.00 ID:CAP_USER9

    数十人の国際的に著名な研究者たちが関わるメタアナリシスにより、セロトニン遺伝子・ストレス・うつ病などの相互関係について調べた2003年の研究結果は的外れな内容であった可能性が示唆されています。
    科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。
    「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いがうつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。

    実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時にうつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。
    この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちがセロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。

    「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。
    間違いを指摘される形となった2003年に公開された論文は、これまでに4000回以上にわたって同分野の研究論文上で引用されており、同研究論文を引用した「セロトニン遺伝子」「ストレスのかかる生活習慣」「うつ病リスクとの関連性」といったテーマの論文は100件以上発表されています。

    今回のメタアナリシスの結果をまとめた論文はJournal of Molecular Psychiatry上で公開されています。
    研究グループを率いたのは医学と生物統計学の助教授であるロバート・C・カルバーハウス氏で、「我々の目標は、セロトニン遺伝子とうつ病に関するデータをすべて集め、内容を見直すことでした」「我々はすべてのデータで同じ統計分析を行って結果を組み合わせたあと、セロトニン遺伝子はうつ病が引き起こすストレス変化に影響を及ぼさないことを確認しました」としています。

    これまで、同分野の研究では遺伝子変異を持つ患者はストレスを受けるとうつ病を発症する可能性が高いと言われてきました。
    メタアナリシスに携わった医学博士のラウラ・ジーン・ビェルト氏は「セロトニン遺伝子の変異により『ストレスを受けたときにうつ病に陥りやすくなる』という考えは、これまでとても合理的な仮説であった」と語っています。

    ただし、今回の研究結果は、これまで考えられてきたような「特定の遺伝子がうつ病と関連している」ということを否定していますが、「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らかだそうです。
    なお、カルバーハウス氏とビェルト氏は、特定のセロトニン遺伝子がうつ病の潜在的危険因子から除外されたことで、研究者はうつ病発症に影響を与える可能性のある他の遺伝子や環境に焦点を当てることができるようになると述べています。

    http://gigazine.net/news/20170417-genetic-link-stress-depression/


    【【医学】セロトニンとうつ病との関係を調べた研究結果が的外れであった可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ