VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でまとめたサイトになります。

    カテゴリ: 政治

    1: 通り雨 ★ 2017/04/25(火) 01:40:04.29 ID:CAP_USER9
    日本政府は朝鮮民主主義人民共和国をめぐる情勢が緊迫化していることを受けて、弾道ミサイルが日本国内に落下した場合を想定した対処方法を公表した。

    内閣官房と総務省消防庁は共催で都道府県の担当者およそ70人を集めた説明会を開催。着弾の恐れがある際は全国瞬時警報システム(Jアラート)や防災行政無線、緊急速報メールなどで情報伝達が行われる。

    政府は屋外にいるときは「できるだけ頑丈な建物や地下街に避難する」などと呼び掛け、近くに適切な避難場所がないときは「物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守」り、屋内にいる場合は「できれば窓のない部屋へ移動する」と説明している。

    ミサイル着弾を想定した住民避難訓練の必要性も指摘され、実際に近い場面を想定した訓練の実施が各都道府県に要請された。訓練の費用は日本政府が負担する。

    https://jp.sputniknews.com/japan/201704213561028/

    ★1の立った日時:2017/04/22(土) 00:06:01.19
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493030245/

    【「地面に伏せて頭を守って」 日本政府が北朝鮮ミサイル着弾への対処法を発表】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2017/04/18(火) 09:33:02.81 ID:CAP_USER9
    防衛省は18日、女性自衛官に陸上自衛隊の普通科中隊、
    戦車中隊などへの配置を開放し、全自衛隊で配置制限を事実上撤廃すると発表した。


     女性活躍推進に向けた取り組みの一環で、
    約6%にとどまる女性自衛官の比率倍増を目指す。


     防衛省によると、全自衛官約23万人のうち、女性自衛官は約1万4000人。
    直接戦闘職域や肉体的負荷の大きい職域で配置を制限してきたが、
    機会均等の観点から段階的に門戸を広げ、
    昨年は陸自の対戦車ヘリコプター隊や海上自衛隊のミサイル艇などへの女性配置を解禁した。


     今回の見直しで配置制限は、ほぼ撤廃される。
    ただ、海自の潜水艦隊員や陸自の特殊武器防護隊など3職域は、
    プライバシーや母性保護を理由に対象から外した。


    Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000024-jij-pol

    【【女性自衛官】戦車隊も女性に開放=自衛隊の配置制限撤廃】の続きを読む

    1: ぱよちんキラー ★ 2017/04/18(火) 23:30:52.30 ID:CAP_USER9
     北朝鮮の国連次席大使、キム・インリョン氏:「米国が軍事行動を選択した場合、北朝鮮は米国によるいかなる形の戦争にも対応する用意がある」

     北朝鮮のキム国連次席大使は、会見で「核戦争が起こる危険性はどんどん高まっている」と述べ、朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだと非難しました。

    国連の安全保障理事会は28日に、北朝鮮の核・ミサイル問題を話し合う閣僚級の会合を開きますが、「主権の侵害であり、断固として拒絶する」と反論しました。
    また、北朝鮮の高官は平壌でイギリスBBCの取材に応じ、「ミサイル発射実験は毎週、実施する」と述べ、今後も強行する考えを示しました。

    抜粋

    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000098851.html

    ★1: 2017/04/18(火) 17:55:11.25
    ※前スレ
    【朝鮮半島危機】北朝鮮「朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだ。ミサイル発射実験は毎週、実施する」★5
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492521350/

    【【朝鮮半島危機】北朝鮮「朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだ。ミサイル発射実験は毎週、実施する」】の続きを読む

    1: キリストの復活は近い ★ 2017/04/17(月) 11:57:22.51 ID:CAP_USER9
    産経新聞社とFNNが15、16両日に実施した合同世論調査によると、安倍晋三内閣の支持率は59・3%で、3月18、19両日の前回調査から1・9ポイント増えた。不支持率は30・4%(前回比0・5ポイント減)だった。

     政党支持率は、民進党が6・6%(同1・8ポイント減)で、昨年3月の結党後、最低となった。自民党は前回比4・5ポイント増の42・5%。

    その他は、公明党3・4%▽共産党4・9%▽日本維新の会3・1%▽社民党1・3%▽自由党0・7%▽日本のこころ0・2%-だった。 「支持する政党はない」とする無党派層は35・0%だった。

     今の天皇陛下に限って譲位を可能にするため政府が5月に国会提出する特例法について、「賛成」と答えた人は前回調査から7・7ポイント増えて86・0%に達し、「反対」は9・6%(前回比6・6ポイント減)だった。
    特例法案への理解が浸透していることがうかがえる。

    トランプ米政権はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとしてシリア空軍基地を攻撃したたが、「評価しない」(55・7%)との声が半数を超えた。「評価する」は36・0%だった。
    安倍晋三首相が支持を表明したことに関しては、「評価する」(46・9%)と「評価しない」(46・6%)が拮抗した。

    また、北朝鮮の核・ミサイル開発を脅威に感じるか聞いたところ、「感じる」との回答が91・3%に達した。

    北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、2発目以降のミサイルを撃たせないための「敵基地反撃能力」保有の検討を自民党が政府に提言したことに関しては、「敵基地への反撃は、北朝鮮が実際にミサイルを日本に向けて発射したあとに限るべきだ」が45・0%で、
    「発射する具体的な構えを見せた段階で、北朝鮮の基地を攻撃すべきだ」は30・7%。
    「北朝鮮が日本に向けて実際にミサイルを発射しても、日本は北朝鮮の基地に反撃すべきではない」は19・2%だった。

     一方、国会では共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議が始まった。改正案の賛否を聞いたところ、「賛成」は57・2%(前回比0・4ポイント減)で、「反対」の32・9%(同1・7ポイント増)を上回った。

    http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n2.html


    【【世論調査】内閣支持率59.3%(+1.9) 、自民党42.5%(+4.5) 民進党6.6%(-1.8) 昨年3月の結党後、最低 - FNN・産経新聞★】の続きを読む

    1: 和三盆 ★ 2017/04/17(月) 12:47:10.70 ID:CAP_USER9
    「タバコの次は飲酒規制だ」──厚労省内部からそんな声が聞こえてきた。

    同省は飲食店や公共の場所での喫煙を全面禁止する受動喫煙防止法案(健康増進法改正案原案)を3月にまとめ、
    今国会での成立を目指している。打撃を受ける飲食店や旅館業は反対を訴えているが、
    厚労省は「屋内全面禁煙は東京五輪に向けた国際公約」として押し切る構えを崩していない。

    その次に狙っているのが酒の販売から飲酒まで制限するアルコール規制なのだ。
    日本は世界的に見ても酒の規制が極めて少ない“呑んべぇ天国”だが、
    「まさか日本に禁酒法の時代が来るわけがない」とタカをくくって花見酒に浮かれていると痛い目を見る。

    国民が例年より遅い桜の開花を待ちわびていた4月1日、
    厚労省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が新設された。国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するためだ。

    タバコ規制と並んでアルコール規制は世界的な流れ。喫煙禁止の動きが急速に強まったのは、
    2003年のWHO(国際保健機関)総会で採択された「たばこ規制枠組条約」がきっかけだったが、
    アルコールについてもWHOは「世界で毎年約330万人が死亡している」として
    2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を採択した。

    その中で各国が取り組む酒害対策の例として「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」
    「酒類の広告規制」などをあげ、酒の値段の引き上げ(酒税の税率アップ)、公共の場所での販売規制などが推奨されている。
    すでに世界では欧米はじめ、シンガポール、インド、タイなどアジア諸国にも規制の動きが急速に広がっている。

    日本も2013年に「アルコール健康障害対策基本法」を制定し、アルコール健康障害対策基本計画をまとめた。
    これは依存症対策などが中心だが、政府はそれに関連して昨年5月に改正酒税法を成立させ、
    ディスカウント店などの酒の「過剰な安売り」の規制に乗り出した。

    広告を規制し、高い税率を課して価格を大幅にあげ、段階的に販売を規制していこうというのはまさにタバコ規制と同じやり方だ。

    ※週刊ポスト2017年4月28日号
    http://news.livedoor.com/article/detail/12945215/

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492397810/
    ★1 2017/04/17(月) 09:25:31.07

    【「タバコの次は飲酒規制だ」──日本でもアルコール規制の動き、厚労省が「アルコール健康障害対策推進室」新設】の続きを読む

    このページのトップヘ