VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でまとめたサイトになります。

    カテゴリ: 経済

    1: ばーど ★ 2017/04/25(火) 12:07:04.16 ID:CAP_USER9
    日本郵政の巨額損失を巡り、市場の判断が揺れている。

    日本郵政は2015年に子会社の日本郵便を通じて、オーストラリアの物流会社トール・ホールディングスを6200億円で買収した。
    ところが、オーストラリア経済の低迷などでトール社の業績は悪化。3000億~4000億円程度の減損を計上する可能性が指摘されている。
    17年3月期の最終損益で赤字転落する恐れも出てきたのだ。

    「ウミを一気に出し切ることは悪くない。ダラダラと損失を処理するより、よっぽどマシでしょう」(株式アナリストの黒岩泰氏)

    ■「悪材料がまだあるのでは…」

    一方で、トール社買収を主導した人物が、西室泰三元社長だったことから、市場がざわついている。

    「西室氏といえば東芝の元社長です。“東芝の天皇”とすら呼ばれ、その影響力は計り知れません。
    東芝が不正会計に手を染めたキッカケとされる経営トップの人事抗争をつくり出した張本人ともいわれます。
    日本郵政の巨額損失は、東芝と同じ海外M&Aに絡んでいます。
    もしかすると日本郵政も東芝と同じように、次々と悪材料が出てくるのではないか……と勘繰っているのです」(市場関係者)

    西室氏はトール社買収に際し、「日本郵政は世界をリードする物流企業だ。アジア太平洋で最大級のトール社との組み合わせは強力」と自信満々にコメントした。
    だが、西室氏の見立ては、わずか2年あまりで崩壊。買収当時、市場がささやいていた「株式上場(15年11月)に向けた“お化粧”にすぎない」「高い買い物」が正解だった。

    東芝の米ウェスチングハウス(WH)社買収(06年)に暗躍したのも西室氏だ。当時、西室氏は相談役に退き、社長は西田厚聰氏に譲っていた。
    WH社を巡っては日立製作所や三菱重工も熱心だったが、最終的には東芝が手中にした。
    決め手は、院政を敷いていたといわれる西室氏が人脈を駆使し、ベーカー元駐日米国大使に働きかけたからだといわれている。

    「ただ、その過程でWHの買収額は倍以上の約6000億円にハネ上がっています。日本郵政のトール社買収も西室氏の鶴の一声で決定したといいます。
    企業価値をキチンと精査しなかったので、今回のような巨額損失が生じるのです」(証券アナリスト)

    日本郵政にとって「西室つながり」は悲劇だが、投資家の不安は高まるばかりだ

    配信 2017年4月25日

    日刊ゲンダイ ニュースサイトを読む
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204179/2

    他参考ソース
    日本郵政、誤算の買収 豪子会社巡り巨額の損失計上へ
    http://www.asahi.com/articles/ASK4P4S39K4PULFA00Y.html

    【日本郵政の巨額損失招いた元社長 かつては東芝の天皇と呼ばれWH社買収にも関わる】の続きを読む

    1: キリストの復活は近い ★ 2017/04/20(木) 19:46:38.29 ID:CAP_USER9
    ソフトバンクによりますと、「ワイモバイル」のブランドで国内で唯一手がけてきたPHSの事業について、
    一般向けの新たな契約の受け付けを来年3月末に終了するということです。

    理由についてソフトバンクは、携帯電話で格安の料金プランを提供し割安感が無くなったことや、
    地下などにも携帯電話の通信エリアが拡大し通信インフラとしてのPHSの需要が少なくなったためとしています。

    PHSは端末や通信料が割安で、簡易型の携帯電話として平成7年にサービスを開始し、
    名前を省略した「ピッチ」という呼び名も生まれるなど若者を中心に人気を集めました。

    平成9年のピークには契約者が700万件を超えましたが、去年12月現在では業務用の通信機器も含めて355万9000件と半分に減っています。

    ソフトバンクは今の契約者へのサービスは継続するとしていますが、新規の契約の打ち切りによってPHSは90年代をピークに若者の人気を集めた歴史に幕を閉じることになります。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955701000.html

    【PHSの新規契約 来年3月末で終了 ピッチの歴史に幕…97年のピークには契約者は700万件】の続きを読む

    1: nita ★ 2017/04/19(水) 17:25:13.36 ID:CAP_USER9
     妊娠7カ月の台湾人観光客の女性(20)が沖縄旅行中の3月30日に、出産が早まり、急きょ南部医療センター・こども医療センター(南風原町)で884グラムの子を出産した。同病院や受け入れ先では中国語での対応ができず、母親とのコミュニケーションが困難で、現在、県内の台湾出身者らがボランティアで通訳している。県内の一部医療機関では多言語への対応や外国人患者に向けての医療サービス環境の構築を進めているが、まだ十分でないのが現状だ。

     夫(23)と3月29日に来沖した女性は、30日午前4時ごろに破水。那覇市の沖縄協同病院に緊急搬送された。赤ちゃんの体重が1500グラム以下と推定されたため、南部で唯一未熟児の特別医療措置が受けられる南部医療センターに再搬送された。女性と家族は現在、離島や北部地域から病児や家族を受け入れる「がじゅまるの家」に宿泊している。

     女性の夫は「赤ちゃんの健康状況や医療費用の支払いなどに非常に悩んでいるが、これまで助けてくれた医者らに感謝したい」とも述べた。

     がじゅまるの家で活動するNPO法人こども医療支援わらびの会の儀間小夜子理事は「緊急医療などを受けた外国人患者の心のケア態勢がまだできていない」と指摘した。

     赤ちゃんは南部医療センターで特別医療措置を受けており、医療費用は最低でも約600万円かかるという。しかし、出産は海外旅行保険の補償対象外のため、夫婦は医療負担に追われている。

     県内在住の台湾出身者でつくる「琉球華僑総会」は夫婦に約100万円を寄付する予定で、張本光輝会長は「無事に帰国できるよう支援がほしい」と寄付を呼び掛けた。
    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    4/19(水) 9:49配信 琉球新報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000009-ryu-oki

    ※前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492582679/

    【医療費600万、言葉通じない 台湾人観光客、早産で窮地】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/04/21(金) 07:43:01.59 ID:CAP_USER9
    日銀の黒田東彦総裁は20日、米ブルームバーグテレビのインタビューで、現在の年間80兆円の国債買い入れについて「当面は続ける」と述べ、購入ペースを維持する方針を強調した。国債購入がいずれ行き詰まるとの見方については、「金融政策に制約があるとは考えていない」と強く否定した。

    日銀は昨年9月に年間80兆円の国債購入を「目標」から「めど」に変更し、必要に応じて減額できるようにした。黒田総裁は「日銀は国債発行総額の4割を買い入れたが、まだ6割が市場にある」と述べ、限界論を打ち消した。

    一方、「2018年度ごろ」としている2%の物価上昇目標の達成については「為替レートが上昇すれば、達成時期は後ずれする」と述べ、足元の円高進行に警戒感を示した。

    ソース/YAHOO!ニュース(時事通信社)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000016-jij-bus_all

    【国債80兆円購入を継続=「金融政策に制約ない」―日銀総裁】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/19(水) 14:13:33.89 ID:CAP_USER9
    東京商工リサーチは19日、美容室運営のHAIR DIMENSION(ヘアーディメンション、東京都港区)と関連するヘアーディメンションホールディングス(同新宿区)が東京地裁から破産開始決定を受けたと発表した。
    負債額は調査中という。

    東京・青山や表参道などで有名美容室「HAIR DIMENSION」を運営。
    アイドル全盛期の歌手・松田聖子さんが採用した「聖子ちゃんカット」の生みの親で、「カリスマ美容師」ブームのさきがけとしても知られていた。
    40年以上の老舗だが最近は実質的に店舗を閉鎖していたという。【増田博樹/統合デジタル取材センター】

    配信 2017年4月19日 13時19分(最終更新 4月19日 13時19分)

    毎日新聞 ニュースサイトを読む
    https://mainichi.jp/articles/20170419/k00/00e/040/263000c

    【「聖子ちゃんカット」生みの親、美容室が破産】の続きを読む

    このページのトップヘ