VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でVIPPERをまとめたサイトになります。

    3日間の訪日を終えたフィリピンのドゥテルテ大統領は27日深夜、地元の南部ダバオに到着後、空港で記者会見し、

    訪日が「実り多かった」とし「日本はこれまでも、今後もフィリピンの真の友人だ」と述べた。

     両国間では、経済だけでなく防衛分野の協力でも合意したと強調。

    「中でも海洋安保が重要事項だ」とし、南シナ海問題では航行の自由や法の支配の重要性で一致したと説明した。

     一方、安倍晋三首相らとの小人数の会談の内容については、「口外しないことになっているが、特別に実務的な議論ではなかった。
    後ろ向きな議題もなかった」
    と述べた。

    また、日本の対米姿勢について問われると「それは日本の問題。私に重要なのは比日関係だ」と答えるにとどめ、
    「暴言は慎むと神と国民に誓った」とし、いつもの過激な米国批判は自制した。
    aa8bb025

    http://www.sankei.com/world/news/161028/wor1610280019-n1.html

    a2d981f7

    ◆高樹沙耶の主張に医師らツッコミ 「医療大麻」の解禁「必要ない」

    大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者が訴えた「医療大麻の解禁」
    高樹容疑者は、大麻が認知症予防やがんなど約250の疾患に有効だとして、合法化のうえ使用や研究を推進すべきなどと主張していた。

    そもそも、病気の予防や治療に大麻を用いるとはどういうことなのか。
    ツイッターやネット掲示板には、「結局、医療用大麻って何なんだ」「『医療用』と『嗜好用』の区別なんてあるの?」といった声が相次いでいる。
    こうした疑問について、厚労省の見解を聞いた。

    ◇厚労省「医療用の大麻なんて存在しません」

    医療目的での大麻使用は、アメリカの一部の州やカナダなどで許可されている。
    こうした事実から、医療大麻推進派のなかには「海外では当たり前に使われている」と主張する向きもある。

    実際、NPO法人「医療大麻を考える会」のウェブサイトには、
    「大麻の医療使用を実質的に禁止しているのは、先進諸国のなかでは日本だけです」
    との記述がみつかる。

    そのほか、サイト上では「(大麻は)依存性がほとんどなく実質的な致死量のない」治療薬にあたるとしてがんやうつ病などの難病にも効果があるとも主張していた。
    だが、厚生労働省監視指導・麻薬対策課の担当者は2016年10月27日のJ-CASTニュースの取材に対し、「前提として、医療用大麻なんて存在しません」と話す。

    続けて、
    「そうした名称は、大麻を医療に使用したいと主張している一部のグループの方が、独自に用いているものだと認識しています。
    医療のための大麻などなく、犯罪にかかわる大麻と全く同じ成分が含まれています」

    と説明した。

    担当者によれば、現時点では世界保健機関(WHO)も「大麻の有効性に科学的な根拠はない」と判断する一方で、精神毒性や依存性については「有害と評価している」という。

    そのため、厚労省としては、
    「有毒性がはっきりしていて、有効性が認められていないものを、医療に使用することは認められない」
    との見解だという。

    その上で、医療用に大麻が一部の州で許可されているアメリカであっても、連邦法や食品医薬品局(FDA)では使用を禁じている例を挙げ、
    「(推進派は)一部の良い所だけを持ち出して主張しているのでしょう」
    と指摘していた。

    (以下略 全文はリンク先で)

    J-CASTニュース 2016/10/27 19:16
    http://www.j-cast.com/2016/10/27281965.html

    前スレ(1が立った日時:2016/10/27(木) 22:19:04.16)
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477608070/

    a2d981f7

    【社会】ツナ缶にゴキブリ はごろもフーズ公表せず ★2©2ch.net

    1: たんぽぽ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/10/27(木) 20:28:27.63 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161027-00000063-nnn-soci
    日本テレビ系(NNN) 10/27(木) 19:05配信

     山梨県甲斐市のスーパーで販売されたツナ缶にゴキブリが混入していたことが分かった。製造した「はごろもフーズ」は直後に混入の事実を把握していたものの、事実関係を公表していない。

     ゴキブリが混入していたのは静岡県に本社がある缶詰販売大手、はごろもフーズが2014年12月に製造した「シーチキンLフレーク」。

     はごろもフーズや関係者によると今月13日、山梨県甲府市に住む50代の女性から「ツナ缶にゴキブリが入っていた」などと商品を購入したスーパーに届け出があった。

     通報を受けたはごろもフーズが商品を持ち帰り、社内で調査した結果、ゴキブリは製造過程で混入したことが分かり、今月18日、担当者が女性に謝罪したという。女性は謝罪を受け入れたが、はごろもフーズはその後事実を公表せず、取材に対し「同様の申し出がなく他の商品への混入はない」として、現時点では公表や自主回収などの対応をとらない考えを示した。

    ■ 前スレ (★1が立った日時 2016/10/27(木) 19:10:14.47お)
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477563014/

    a2d981f7

    1: DQN ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/10/27(木) 07:02:23.70 ID:CAP_USER9
    (今までの経緯を略)
    被害に遭ったのはサークルのメンバーだった18歳の女性。ここでは仮に京子さんとしておこう。

    ■海の家の“手伝い”
     京子さんの母親が語る。

    「娘と私が会えたのは事件の翌日、9月3日の午後8時頃。娘が救急車で搬送された先の病院でした。憔悴しきった娘の身に、あの夜、何が起こったのかを私が聞いたのは会計を済ませようとしていた時です。男6人、それに女の子は娘1人だけと聞いて、まさかとは思ったのですが……」

     男6人はいずれも慶応の学生で広告学研究会に所属。事件の全貌を明らかにしよう。

     神奈川県の葉山町―─。広告学研究会は毎年夏、「慶応義塾学生CampStore」という海の家をオープンするが、その際、サークルのメンバーたちが活動の拠点にしている古びた合宿所で事件は起こった。

    「娘はいくつかのサークルに所属していて、広告学研究会の活動にはこれまであまり参加してこなかった。ところが、8月末、サークルのメンバー数人から、海の家の後片付けを手伝うようにとしつこく誘われたそうです。これまであまり活動に参加していなかったのにわざわざ呼ばれたという事は、最初からそういう目的だったのでしょう」(同)

     合宿所は家というよりは小屋といった雰囲気の建物で、中には雑然と荷物が置いてある。9月2日午後6時半頃、京子さんは合宿所に到着して初めて、女性は自分1人であると知った。

    ■テキーラを強制
     京子さん本人が重い口を開く。

    「7時半頃に皆で夕飯を食べた後、誰かが“上で飲み会をしよう”と言い出してお酒を2階に運び始めた。私は初めて合宿所に行ったので、状況がいまいちつかめないまま、そういうふうに過ごすのがいつものスタイルなのか、と思って2階に上がりました」

     2階には6畳ほどの狭いスペースがあり、メンバーは背の低いテーブルを囲んで座っていた。そこに加わった京子さんが手渡されたのは、ショットグラスに入ったテキーラだった。

    「口をつけた瞬間にすごく強いお酒だと気付いて、あまり飲みたくないと思っていました。8時半頃、私はメンバーに命じられて1階にトランプを取りに行ったのですが、2階に戻った時、みんなが顔を見合わせて目配せをしている感じだったので不審に思いました」

     同じ頃、6人目の男性メンバーが到着。彼は2階で少し飲んだ後、1階に降りて寝てしまった。つまりその時点で2階にいたのは男5人と京子さんということになる。彼らの行動がエスカレートし始めるのはその頃からである。

    「誰かが“京子が飲むゲーム!”などと言って私の名前でコールをかけて、みんながそれに合わせて煽り、“3秒で飲め!”などと命令されてテキーラを何杯も飲まされました。もう限界だし飲みたくないと抵抗すると、誰かが私の手を掴んでショットグラスを無理やり口にもっていかれて飲まされた。5杯くらいは連続で口にもっていかれ、飲むことを強制されました」

     京子さんを酔い潰そうとしているのは明らかだった。頭は朦朧としてくるが、しかし、彼女は自らの身に危険が迫っていることを察知した。目の前で男2人が服を脱ぎ始めたのだ。

    「怖くなって逃げようとしたのですが、“階段は危険だから”などと言って、私の手を思い切り引っ張って引き戻されてしまいました。さらに、メンバーの1人が私を押し倒し、服を脱がせようとしたのです。私は、その日は生理中だったこともあって下を脱がされるのが嫌で嫌でしょうがなくて、力いっぱい抵抗してもみ合いになりました。ですが、向こうの力が強くて、逃げることができず、服を全部脱がされてしまって……」

    ■凌辱の様子を撮影
     恐怖、絶望、屈辱――。京子さんはその後の悪夢について、一語一語を絞り出すようにして、こう話した。

    「抵抗する私を1人が組み伏せ、倒れてる私の上に別の2人がかぶさってきて、本当に辛くて、苦しくて……。彼らは、混乱して抵抗しようとする私に対して無理やり性行為をするだけではなく、口に性器を突っ込んできたり……」

     さらに、メンバーの1人は、彼女が陵辱される様子をスマートフォンで撮影していたというが、絶句する他ない事実は他にもある。

    「私が動けずに床に横になっていると、突然、私の顔とか首に生温かいものがかかってきました。誰かが、私にまたがって、おしっこをかけていたのです。私はびっくりして、怖くなって、叫んで逃げました」

     それからの記憶は曖昧だが、翌朝気付いた時、京子さんは1階のベッドに寝かされていた。

    (略、リンク先で)

    「週刊新潮」2016年10月20日号 掲載
    http://news.livedoor.com/article/detail/12196470/

    a2d981f7

    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477539301/

    1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/10/27(木) 12:35:01.86 ID:CAP_USER9
    27日朝、大阪市で水道管が破裂し、道路が陥没しました。
    近くの住宅には土砂が流れ込んでいます。

    午前5時ごろ、大阪市東住吉区で道路の下に埋設された直径1メートルの水道管が破裂。
    路面が直径5メートルにわたって陥没し、近くの住宅の一部に土砂が流れ込みました。

    大阪市水道局によりますと、水道管の破裂による断水はすでに復旧していますが、
    復旧作業にあたっていた重機が陥没した道路に転落しました。
    けが人はいませんでした。

    この影響で付近の道路は現在、約300メートルにわたって片側2車線が通行止めになっています。
    復旧の見通しは立っておらず、水道局が水道管破裂の原因を調べています。
    000086463_640


    以下ソース:テレビ朝日 2016/10/27 11:55
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086463.html

    a2d981f7

    このページのトップヘ