VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でVIPPERをまとめたサイトになります。

    1: 豆次郎 ★ 2017/03/04(土) 03:38:02.25 ID:CAP_USER9
    愛知県安城市のJR東海道線の踏切で2日朝、列車と乗用車が衝突し、車の男性が死亡した事故で、愛知県警は3日、男性は県警保安課の佐藤統彦警部補(43)=同市里町3丁目=で、死因は多発外傷とみられると発表した。

     捜査関係者によると、佐藤警部補は私生活をめぐってトラブルがあったという。遺書などはみつかっていない。県警は、佐藤警部補が自殺を図った可能性もあるとみて詳しい経緯を調べている。

     県警などによると、事故は2日午前7時ごろ発生。同市上条町のJR東海道線小薮踏切で、豊橋発岐阜行き普通列車(6両編成)と乗用車が衝突し、先頭車両が脱線。乗用車は激しく炎上した。岡崎―刈谷間は12時間以上にわたって不通になり、約8万8千人に影響が出た。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000010-asahi-soci

    a2d981f7

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/04(土) 11:49:52.48 ID:CAP_USER9
    若手芸能人の引退が相次いでいる。1日には、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」でヒロインを演じた女優の堀北真希さん(28)が「家庭に専念したい」と引退を発表。先月には、女優の清水富美加さん(22)が、宗教団体の活動に専念するため「出家」宣言した。スキャンダルが報じられた後、引退した人もいる。憧れの世界と決別する背景には「SNSの普及」や「ドライな人間関係」など、現代社会ならでは事情もありそうだ。(豊田昌継)

    〈現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたい〉

     堀北さんは1日、自身の公式サイトにコメントを掲載。夫で俳優の山本耕史さん(40)との間に生まれた子供との生活に専念することを表明した。

     2月に宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した清水さんは、公開予定の映画が控え、テレビのレギュラー番組も抱えていた。教団を通じて芸能活動は継続する意向だが、出家をめぐる経緯について、所属事務所との主張は現在もかみ合わないままだ。

     また、昨年12月には薬物使用疑惑が報じられた成宮寛貴さん(34)が突然、芸能界を去った。アイドルグループ「乃木坂46」の橋本奈々未さん(24)も2月にグループを卒業し引退。「ももち」の愛称で親しまれたアイドルの嗣永(つぐなが)桃子さん(24)も6月末で引退し、幼児教育の道に進む意向だという。

     発信力を手に、事務所との力関係変化

     相次ぐ引退の背景に、「芸能界が、しがみついてでもいたい特別な世界ではなくなった」と指摘するのは元吉本興業常務でフリープロデューサーの木村政雄さん。昭和60年代に「おニャン子クラブ」が登場し、“誰でもタレントになれる”という空気が広がった。さらに「モーニング娘。」「AKB48」が大ブレーク。「芸能界と一般社会との境界線がなくなった」という。

     また、インターネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、芸能人が「情報」「発信力」を手にしたことが大きい。木村さんは「事務所がタレントをコントロールするのは難しくなった。SMAPの解散騒動はいい例だ。だから『引退します』と言われれば『はい』と言うしかない」と話す。

     「熱く頼りがいのある大人がいなくなった」

     一方で、同志社女子大の影山貴彦教授(メディアエンターテインメント論)は「何も今の子が根性や辛抱がない、というのとは違う」と擁護する。それより影山教授が懸念するのは、最近の芸能人と事務所とのドライな関係性だ。「事務所の人間がサラリーマン化し、芸能人も事務所に不安を抱いている。でも、芸能人がドライな関係を求めているわけではない。一般社会でも同じだが、若い世代も『ここまで考えてくれるなら』と思わせる人間には喜んでついていく。そういう熱く頼りがいのある“大人”がいなくなってしまったこともあるのでは」と分析している。

    2017.3.4 11:26
    http://www.sankei.com/smp/west/news/170304/wst1703040033-s1.html

    a2d981f7

    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/03/05(日) 04:56:48.59 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 3/5(日) 4:50

     ザ・ドリフターズの志村けん(67)、加藤茶(74)、仲本工事(75)、高木ブー(83)が4日、都内でフジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル」(15日後7・00)の収録に参加し、コントとトークを行った。
    20170304-00000158-spnannex-000-1-view

     4人そろってテレビ出演するのは2005年10月のTBS「中居正広のテレビ50年名番組だョ!全員集合」以来、12年ぶり。志村は収録後の会見で「(所属事務所の)社長に4人でやりたいとお願いした。優香も結婚してコントをする人が少なくなったから」と、自身と恋の噂もあった優香(36)を引き合いにして笑いを誘った。

     コントは「寝台車」というタイトルで、加藤、仲本、高木らが休んでいるところに、志村扮するおばあさんが乗車して大騒動を巻き起こす展開。4人そろってのコントも12年ぶりだが「いざ始まると昔のタイミングがよみがえってきた」(志村)、「どんどんテンションが上がっていった」(仲本)とかつての勘をすぐに取り戻した様子。計算し尽くしたコントから生まれる笑いに、高木は「(オチが)分かっていても面白い。古典落語と一緒。これが本当の笑いですよ」と胸を張った。

     加藤も久々の共演に「気持ちが高ぶって、年を取った自分を忘れた」と充実の表情。「長さん(いかりや長介さん)がいなくてもできた。元々いらなかったね」と04年3月に亡くなったリーダーをいじるなどノリノリだった。

     平均年齢74・7歳。加藤が14年にパーキンソン症候群で入院し、高木も数年前から入院と手術を繰り返している。それでも、体調を聞かれると「だいじょうぶだぁ」と声をそろえた4人。加藤は「死ぬまでコントをやりたい。棺おけに入っても笑わせたい」と力を込めた。

    ◇ザ・ドリフターズ
     1956年にコミックバンドとして結成し、66年にはビートルズの日本公演の前座を務めたことも。その後、次第に「コントもできるバンド」として方向性を変更し、69年から出演した「8時だョ!全員集合」でお笑いとしての地位を確立。現在も解散はしていないが、グループで活動することはほとんどない。


    ・フォトセッションでポーズを取る(左から)高木ブー、仲本工事、加藤茶、志村けん
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000158-spnannex-ent

    a2d981f7

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/06(月) 07:39:38.99 ID:CAP_USER9
    タレントの小倉優子(33)が、夫で美容師の菊池勲氏(46)と離婚したことが5日、分かった。

     所属事務所によると、3日に関係者が都内の区役所に離婚届を提出。4歳と0歳の2男の親権は小倉が持つ。弁護士を立てずに本人同士の話し合いで円満に離婚に合意し、慰謝料はない。養育費については取り決めはしておらず、関係者によると「菊池氏が父親としてできる限りのことをしていく」という。

     2人は2011年10月に結婚し、翌年6月に長男が誕生。しかし、第2子を妊娠中だった昨年8月に、当時事務所の後輩タレントだった女性と菊池氏の不倫が発覚。小倉はブログで「ショックでした」と心境を吐露、「私も冷静になり、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたい」としていたが、裏切り行為による夫婦の溝の修復は難しかったようだ。
    20170306-00000502-sanspo-000-6-view

     同11月に次男が誕生。関係者によると、出産を無事に終えて、いったんはやり直そうと考えたが、年末までには離婚の意思を固めたという。元々、菊池氏は結婚後も女性の噂が絶えず、離婚危機と言われた時期もあった。小倉の知人は「後輩タレントとの不倫が離婚の一つの要因だったことは間違いないが、夫婦にしか分からないこともある。複合的なことが積み重なり、今までのことと向き合ってるうちに離婚の決意を固めたんじゃないでしょうか」と話した。

     小倉は先月末、ブログで3月からの仕事復帰を報告。5日は日本テレビ「行列のできる法律相談所」の収録(26日放送)に臨んだ。第2子の産休以来、8カ月ぶりのテレビ出演で、番組関係者によると収録中に「離婚したんです」と明かし、「頑張っていきます」などと前向きに話していたという。今後は育児をしながらママタレントとして仕事をしていく。

     ◆小倉 優子(おぐら・ゆうこ)1983年(昭58)11月1日、千葉県生まれの33歳。高校生の時にスカウトされ芸能界入り。02年「日テレジェニック」に選ばれグラビアや、「笑っていいとも!」「さんまのSUPERからくりTV」などバラエティー番組などでも活躍。09年にはパンアドバイザーの資格を取得するなど料理上手で、レシピ本も多数出版。愛称は、ゆうこりん。血液型B。

    スポニチアネックス 3/6(月) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000074-spnannex-ent

    a2d981f7

    1: 手動こけし ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/03/05(日) 21:33:43.01 ID:CAP_USER9

    ネット掲示板「2ちゃんねる」は1999年に開設され、“ハッキングから今晩のおかずまで”をモットーに絶大な存在感を誇った。若いネット住民が情報交換したり、時には事件を起こす犯人が犯行を予告したりして社会問題になったこともある。

    ところが最近は、「若いヤツは見ない」「年寄りばっかり」という書き込みが相次いでいる。世間と同じように、2ちゃんねるも“高齢化”しているらしい。本当か。

    「ユーザーの年齢層を裏付ける公式データはありませんが、若者向けのネタを扱うスレッドが激減していることから高齢化は間違いないでしょう」と言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

    「10代、20代はネットに触れるようになったときから、実名でやりとりするSNSが主流。仲間内でゆるやかにつながるのを良しとします。匿名でひとつの話題を深掘りする秘密結社的な2ちゃんねるに、魅力を感じないのも当然です」

    2ちゃん以外でも、高齢化が進む。例えば「ニコニコ動画」は、運営会社の決算書によると、2010年は、10~20代が66.7%を占め、40~50代は10.2%でしかなかったが、16年は10~20代が52.5%に減り、40~50代が19.8%に増えている。

    「自殺実況中継などが問題となり、有料登録は親の承諾が必要になるケースが増えています。未成年者にとっては、利用のハードルが上がっていることも高齢化の一因。若者がどこに向かったかというと、ユーチューブです。ヒカキンら人気ユーチューバ―は憧れの存在で、ニコ動のレトロゲームで盛り上がっているのは30~40代がほとんどです」(井上氏)

    そうはいっても、プライバシーが筒抜けで、仲間外しなども起こりうるSNSに息苦しさを感じている人は少なくない。

    「匿名で好き放題言える2ちゃんねるが見直されつつあるのも事実」(井上氏)という。ネットも、現実社会と同じようにホンネとタテマエの使い分けが求められる時代になったのか。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/200804/


    a2d981f7

    このページのトップヘ