VIPPERでneoニート 2ちゃんねるまとめ

VIPPERでneoニートは2ちゃんねるのまとめを中心としたブログサイトです。 ニュース速報+やニュー速VIP+などからまとめてます。

    VIPPERでneoニートではニュース速報+やニュー速VIP等の板より管理人の偏見でまとめたサイトになります。

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/21(日) 15:12:29.66 ID:CAP_USER9
     5月14日に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に脳科学者の茂木健一郎氏が出演した。

     同番組で茂木氏は「日本のお笑いは終わってる発言で大炎上しちゃった先生」として、今年3月にツイッターで繰り広げた“お笑い業界批判”を謝罪。

    「上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」とお笑い界を批判していた自分を「妙な正義感を振りかざす面倒くさいヤツだった」として反省の弁を述べた。

     有吉弘行や松本人志、太田光らお笑い界のビッグネームから反発を受けていた茂木氏がケジメを付けた形だが、同番組を巡り、異論が続出している。

    「茂木さんへの集団リンチのような内容でゲンナリしましたよ」と語るのは芸能ライターだ。

    「生徒役のオードリー若林、東国原英夫、吉村崇、銀シャリ橋本らによるキツい言葉での吊し上げに終始する番組でした。見ていて気持ちのいいものではありませんでしたね」(芸能ライター)

     同番組について「失敗した人物に優しい『しくじり先生』はどこに行ったという内容で衝撃的でしたね」 と語るのは放送作家。

    「まさにお笑い界の“上下関係や空気”を読んで茂木さんをボロクソに叩いていて、皮肉にも『日本のお笑いの悪い部分』が凝縮されていました。これでは今後、茂木さんが提起した議論が再燃してしまうのではないでしょうか」

     今回は番組自体がしくじってしまったのではないか──。

    (白川健一)

    アサ芸プラス5月21日(日)9時58分
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0521/asg_170521_1113222322.html

    【音楽】<脳科学者・茂木健一郎>JASRACによる式辞に対する著作権料請求報道に「ひどい組織」©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495186989/

    【<反省している茂木健一郎を芸人らが吊るし上げ!>「しくじり先生」に批判続出!】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2017/05/21(日) 19:38:28.07 ID:CAP_USER9
    海外メディアも村田諒太の不可解判定負けを「判定に疑問」と報道
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000003-wordleafs-fight
    THE PAGE 5/21(日) 6:10配信

    http://i.imgur.com/BWxiArz.jpg
    村田がグロッキー寸前にエンダムを追い詰めたが不可解判定負け(写真・山口裕朗)

    WBA世界ミドル級王座決定戦でロンドン五輪金メダリストで同級2位の村田諒太(帝拳)が、同級1位で元世界王者のアッサン・エンダム(フランス)に不可解な判定で敗れた試合を海外メディアも問題視した。
    ジャッジ3人の採点はパナマのパディリアが111-116、カナダのアールが112-115でエンダム、米国のカイズJrが117-110で村田とし、3人のうちカイズJrだけが村田を勝者とする採点をしていた。米国ラスベガスに拠点を置く、ボクシング専門のニュースウェブサイト「ボクシングシーン・ドット・コム」では、「議論を呼ぶ2-1の判定で、エンダムが村田に勝った」という見出しをつけて報じた。

    「エンダムは地球の反対側にある東京の有明コロシアムまで移動し、そこでその国のスターであるリョウタ・ムラタを破ったことは彼の最大の名誉である。そして、これは2017年の大逆転勝利のひとつであり、疑いのある結果のひとつであるだろう」と判定については疑問があるとハッキリと伝えた。

    「エンダムは第4ラウンドの終わりにダウンを奪われたが、これを乗り越え、村田のホームカントリーである日本で2-1の判定で勝った。論争になっている勝利によってエンダムはWBC世界ミドル級のタイトルを勝ち取った」とも表現した。

     執筆したスカチェフ記者は、この試合を振り返りながら「このファイトはムラタの手の中にあるように思われた。アナウンサーが最初の採点カードを読み上げ、フランス人のほうが上回っていると告げたときには、苦い驚きがあった。3枚の採点カードが読み上げられ、エンダムの勝利が発表されたときには、驚きがショックへと変わった」と、判定が不可解に感じたことを明かしている。

     そして記事では「ボクシングシーン・ドット・コムは、カイズの採点に同意した」と、3人のジャッジのなかで117-110で村田を勝ちとするポイントをつけたカイズの採点が妥当であるとした。

     さらに「なぜならエンダムが勝ったようには全く見えなかったからだ」と付け加えた。

     この記事が掲載されてから数時間で70以上の読者コメントが投稿された。

     「接戦だったと思うけど、再戦が必要だと思う」
     「ジムの政治的な何かがあるように見えた。結果に大笑いしてしまった」。
     「見聞きした限りでは、村田は勝ちを略奪されたようだ」
     「胸が悪くなるような結果」
     「事実として、村田はファイトをコントロールしていた」

     読者コメントのほとんどがエンダム勝利の判定に納得できないとしていた。

    前スレ                     2017/05/21(日) 08:46
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495324013/

    【海外メディアも村田諒太の不可解判定負けを「判定に疑問」と報道】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/05/19(金) 09:58:22.65 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000069-san-pol

    航空自衛隊が18日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入した
    中国海警局の船の上空を飛んでいる小型無人機「ドローン」に対し、
    F15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたことが分かった。
    複数の政府関係者が明らかにした。無人機に対するスクランブルは極めて異例。
    外務省は同日、ドローンは中国海警局の船から飛ばされたとみて、
    在中国大使館公使に厳重に抗議した。

    海上保安庁が同日午前10時52分から56分にかけて、魚釣島から約14キロの
    領海内で、海警局の船4隻のうちの1隻の船首付近でドローンのような物体が
    飛行しているのを確認した。尖閣周辺でこうした物体の飛行が確認されたのは初めて。

    スクランブルを行ったのは空自那覇基地(沖縄県)の南西航空混成団第9航空団の
    F15戦闘機。同機は18日午前に那覇基地を飛び立ち、ドローンが飛行している
    空域に向かった。ドローンが飛び立ったとみられる海警局の船は日本の領海内に
    いたため、船から発艦した時点で領空侵犯したとみなされる。

    スクランブルは通常、日本の領空に向かって接近する他国軍の戦闘機や
    偵察機などに対して行われる。平成25年9月にも中国軍機とみられる無人機が
    尖閣諸島北東の公海上で飛行し、空自機がスクランブルした。今回のような小型機にも
    スクランブルを行うことで中国の挑発行為を牽制(けんせい)する意図もあったとみられる。

    中国機に対するスクランブルは、28年度に851回に上り、過去最多を更新。
    ロシア機などを含む全体でも1168回と過去最多だった。昨年12月には中国の空母
    「遼寧」が沖縄本島-宮古島間を通過した際、随行のフリゲート艦からヘリコプターが発艦。
    スクランブルしたケースもあった。

    【空自、尖閣諸島上空を飛ぶ中国のドローンに対し異例の緊急発進】の続きを読む

    1: ひろし ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/18(木) 14:08:47.56 ID:CAP_USER9
     乳がんを患い闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が18日、ブログを更新。食事の前に白湯を飲むことで、胃腸の痛みが激減していると明かした。

     麻央は、昼食の写真をブログに掲載し、「常温の飲み物でも何でも、何かを口にする10分前には必ず白湯を飲んで、胃をあたためる! を徹底していたら胃腸の痛みが激減しています」とし、「白湯の素晴らしさを改めて感じています」とつづった。

     麻央は前日17日のブログで、夫である歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が病院に野菜スープを届けてくれたことを報告。その際にも、「白湯も入れてくれて、スープを飲むための胃の準備まで付き合ってくれました」と食前に白湯を飲んでいるとつづっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000531-sanspo-ent

    【小林麻央、白湯で「常温の飲み物でも何でも、何かを口にする10分前には必ず白湯を飲んで、胃をあたためる! を徹底していたら胃腸の痛みが激減しています」】の続きを読む

    1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】©2ch.net 2017/05/21(日) 17:58:32.18 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.2ch.net/premium/1051729.gif
    現代のコンピュータは基本的にメインメモリとしてDRAMを利用しています。
    DRAMはアクセスが高速な一方、容量あたりの単価は高く、それゆえ大量にコンピュータに搭載することが難しく、またデータを保持し続けるのに電力を必要とします。

    このDRAMの能力と性質を補完するため、一般に現代のコンピュータには二次記憶装置として大容量で安価かつ電力がなくてもデータを保持し続けられるハードディスクドライブなどのストレージを備えています。

    こうした現代のコンピュータの構造を一変させようとインテルが5月16日に発表したのが、大容量かつ低価格、しかもデータの保持に電力を必要としない、
    同社とマイクロンが共同開発した3D XPointの技術を用いた新しいメインメモリ、「Intel persistent memory」です。

    Intel persistent memoryはデータの保持に電力を必要としない、いわゆる不揮発性メモリの一種です。
    電源を切ってもメインメモリからデータが失われないので、いちいちデータをメインメモリからストレージに保存する必要がなくなります。

    また3D XPointのメモリは容量あたりの単価がDRAMよりも安いため、大容量の搭載が可能です。
    つまり、いままでストレージに保存していたようなあらゆる大容量データをメインメモリに保持し、しかも電力を必要とせずにデータを保持できるため二次記憶装置としてのストレージが不要になる、
    新しい形のコンピュータが実現可能になります。

    そしてこの新しい形のコンピュータは、これまで多くのソフトウェアにおいて処理速度のボトルネックとなっていた、データをストレージに保存する処理が不要になるため高速な処理が可能になります。

    しかも電源を切ってもデータを失わず、電源が入ればすぐに処理の続きを走らせることができるため、処理が必要なときだけ電源をオンにすればよい「ノーマリーオフ」と呼ばれる方式も可能になるなど、
    従来のコンピュータとは大きく異なる特長を備えられるようになるのです。

    このIntel persistent memoryの実稼働デモを、インテルは5月15日から18日のあいだフロリダ州オーランドで開催されたSAP主催のイベント「Sapphire Now 2017」で初めて披露しました。


    ハードウェアとしてプレリリース版のXeonプロセッサを搭載したサーバに、192GBのDRAMと1.5TBのIntel persistent memoryのどちらもメインメモリとして装着。
    そのうえで、SAPのインメモリデータベースであるHANAの開発版を実行しています。

    SAP HANAはインメモリデータベースなので、すべてのデータをメインメモリに展開し処理します。
    今回のデモでは、SAP HANAはメインメモリとして搭載している2種類のメモリ、つまりDRAMとIntel persistent memoryを処理によって使い分けていると説明されています。
    使い分けとは、データベースのリード/ライトのような、できるだけ小さなレイテンシが要求される処理はDRAMを用いて処理し、(詳細な説明はなかったものの、
    おそらくログのような)ある程度の大きさのデータの読み書きに最適化された処理にはIntel persistent memoryを用いているとのことです。

    http://www.publickey1.jp/2017/ipm01.gif
    続きはソース先で
    Publickey 2017年5月19日
    http://www.publickey1.jp/blog/17/intel_persistent_memory2018xeoncascade_lake.html

    ※前スレ ★1=2017/05/21(日) 16:09:05.87
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495350545/

    【インテル、ついに不揮発性のメインメモリを発表 データの保持に電力を必要とせず二次記憶装置としてのストレージが不要に】の続きを読む

    このページのトップヘ